犬猫に対する糖鎖の効果について
一部抜粋・・詳細はクリックください

■治験方法

使用薬剤 免研・糖質栄養素含有食品(粉末)
投与量 30〜60mg/kg
投与方法 経口投与
投与期間 1か月〜4か月
症例数 32例(@犬26例 A猫6例)
疾患名 @椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊髄軟化症 アレルギー性皮膚炎、脳腫瘍、水頭症、顔面神経麻痺、認知症 A内耳炎、アレルギー性皮膚炎、口内炎

■結果

疾患名 例数 効果 改善内容
@椎間板ヘルニア 17例 有り

手術後    著効(麻痺の改善の期間短縮)

内科療法単独  効果有〜著効(麻痺の改善)

◇変形性脊椎症 1例 麻痺の改善
◇水頭症 2例 歩行可能
◇認知症 1例
脳腫瘍 1例 歩行がスムーズ
◇顔面神経麻痺 1例 眼瞼反射の改善
A内耳炎 1例 斜頚の改善
◇口内炎 3例 併用薬の減量

結論:犬猫ともに神経性疾患に対して効果が認められた。ペットへの使用目的は、神経性疾患限定であると思われた。今後は、長期投与(1年以上)による効果および副作用、他の病気に対する効果についても治験が必要であると考えられた。

※脊髄軟化症、アレルギー性皮膚炎、その他の症例については現在、臨床試験中です。

嗜好性:@問題なし A2例において投与後によだれ

治験:菅原犬猫病院・附属獣医放射線科研究センター院長 菅原 旭浩(北里大学獣医科卒)
免研CAM資料より抜粋

 
お客様の声 (多くの中から一部掲載)
大阪府 M様
プードル15歳 椎間板ヘルニア(2020.10)
神奈川県 K様 ケア-ンテリア16歳  痴呆・徘徊・不眠・肝不全(2019.9.26)
東京都 I様  チワワ9歳 脳 炎 (2017.10)
神奈川県 K様 ケア-ンテリア15歳 白内障、脳の活性 (2017.7
静岡県  S様  M・シュナウザー15歳 鼻腔内腫瘍腺がん(2016.9)
静岡県  S様  ご本人50代 乳がん(2016.9)
福岡県  T様 ジャックラッセル15歳 巨大脳下垂体腺腫
和歌山県 W様 ボーダーコリー12歳 犬の糖尿病と糖鎖
大阪府 T様  豆柴犬 前庭神経炎、メニエル
大阪府 N様 プチバセット
グリフォンパンテーン
東京都  O様  猫ちゃん  扁平上皮癌
佐賀県 M様  M・シュナウザー12歳
愛犬のてんかん、痙攣に
島根県 O様  M・ダックス15歳 愛犬の肺線維症
大阪府 T様 Gシェパード 7歳 肛門周囲膿瘍
神奈川県 S様 ワンちゃん14歳 悪性腫瘍(報告がない種類)
大阪府 T様 ヨークシャテリヤ 8歳 脊椎空洞症、糖鎖
東京都 k様 猫ちゃん 10歳 猫の問題行動
大阪府 I様 猫ちゃん 15歳 高齢猫の夜鳴き
大阪府 H様
 コッカースパニエル 10歳
頭から首をビクッと